国語力は五感につながる大切な教科

いつも
レンタルサロン「サロンde愛」を
ご利用いただき
ありがとうございます。

 

 

日本の子どもの読解力が急落

 

 

そんな
ニュースがあがっていました。

 

 

テストの質問の意味がわからなければ
答えを知っていても
答えることができません。

 

 

相手が何を言っているのか
理解できなければ
トンチンカンな応えで
相手を不愉快にさせてしまいます。

 

 

言葉につまったり
相手との距離を
縮めることができず
コミュニケーションで
悩むことになります。

 

 

会社という組織も
恋愛も面倒になり
結婚や家族も考えられない。

 

 

日本の少子化が
ますます進む現状とも
つながっているような気がします。

 

 

私は国語が一番好きでした。
他には家庭科や美術が得意でした。

 

 

受験には
あまり関係のない科目ばかりで
担任の先生には
英語や数学が同じくらいできれば
いいのになぁ〜と言われました。

 

 

その時は
国語ができても駄目なんだなぁと
思いましたが
今の私があるのは
国語が苦手ではなかった
からかもしれません。

 

 

なぜなら
学校の成績はいまいちでしたが
仕事には自信があります。

 

 

たぶん
どんな仕事も70〜80%は
こなせると思います。

 

 

仕事ができたからこそ
現在運営しているサロンも
手にできました。

 

 

仕事ができれば
収入を得て自立することができ
責任をもって
自分の足で歩くことで
本当の自由を
手にすることができます。

 

 

国語は
ただ文章を読むだけの教科ではない。

 

 

五感を磨く大事な教科

 

 

 

 

そうお話しする
コロナ国語教育アカデミー
代表 田添マチ子 先生

 

 

いつも
生徒さんの現状を
しっかりと把握して
熱心に傾聴する
素敵な先生です。

 

 

驚いたことに
国語の成績が伸びたことで
他の教科も良くなったそうです。

 

 

個別相談会随時受付中!!
↓↓↓
コロナ国語教育アカデミー
代表 田添マチ子 先生